幹部候補向けプロジェクト業務管理研修

学習目標

 組織・人材育成・財務分析・ビジネスアナリシスについての幹部候補としての知識・行動様式を身につける講座です。

対象

・幹部候補
・中規模プロジェクトマネージャ

基本研修内容

1日目:組織論、動機付け

・組織とは何か
 組織における3要素について触れつつ、そもそも組織とは何かという点についてレクチャーします。
 また、目的の再定式化についての事例について取り上げ、どのようにCI(コーポレート・アイデンティティー)を浸透させているのかという点についてグループディスカッションを行います。

・誘因
 貢献意欲を引き出すための誘因(一般的・特殊的)についてレクチャーし、グループにてディスカッションを行います。
 また各個人の利他主義奉仕を如何に引き出すか?無関心圏の拡大についても触れます

・動機付け方法
 ケラーにより提唱されたARCSモデルについてレクチャーし、グループディスカッションを行います。

・リーダーシップとマネジメント
 リーダーシップに関する理論や、リーダーとマネジャーの違いについてのレクチャーを行います。
 またリーダーシップについてのケースを確認し、グループにてディスカッションを行います。

2日目:人材育成、コミュニケーション力

・人材育成
 米国の人材育成の方法論であるインストラクショナルデザインの考え方に基づいて、いくつかの育成方法についてレクチャーします。
 その後、グループディスカッションを通して、育成における注意点について確認をします。 

・コミュニケーション力(ファシリテーション)
 会議を有効に展開させるために必要なファシリテーションについてレクチャーします。
 ファシリテーションの手段である【場づくり(成功の循環モデル)→拡散→収束→合意形成】という手順を、ある事例を取り上げながら、ロールプレイで体験します。

3日目:財務分析、ビジネスアナリシス

・財務分析
 B/S、P/Lの見方についてレクチャーいたします。安全性・流動性などの観点から企業の健全性を確認するための指標についてもお伝えします。
 また、ある企業の決算短信を確認し、財務分析に関するケーススタディを行います。

・ビジネスアナリシス
 事業開始前の収益性の確認、また初期段階の要求事項をどのようにとらえるのが良いのかという点についてレクチャーします。
 またいくつかケーススタディを通して、実業務で利用できる手段を習得することができます。