若手幹部候補向け プロジェクトマネジメント研修

学習目標

 現在、小規模プロジェクトにおけるマネージャー及び及び将来において中規模・大規模プロジェクト業務に活かすことができる知識・技術を身につけます。
 

対象

・ 若手幹部候補
・ 小規模プロジェクトマネージャ
・ 中・大規模プロジェクトリーダー・メンバー

基本研修内容



1日目:プロジェクト立ち上げのコツ

  そもそもプロジェクトとは何か?
  まずはプロジェクト構造を明確にする
  事業の収益性を確認する
  ステークホルダ―の関与度を特定する
  要求事項を捉える方法(制約条件を特定する)
  ※いくつかのケースにて学習した後、グループディスカッションを行います。
  
2日目:プロジェクト計画のコツ

・リスク
 プロジェクト内で発生する可能性がある事象を事前に特定します。そのための特定方法や分析方法をレクチャーし、その後グループワークを通して知識定着をはかります。

・スケジュールの作成
 要求事項からスケジュールを作成します。そこで要求事項から詳細化の方法、またスケジュール作成における注意点についてレクチャーし、その後グループワークを通して知識定着をはかります。

3日目:プロジェクト実行・終結時のコツ

・課題の対処
 プロジェクト進行中には様々な問題事象が発生します。そこで発生してしまった問題をどのように解決すべきか? その論理的な手順についてレクチャーします。
 またその後、グループワークを通して知識定着をはかります。

・メンバー管理
 メンバーにタスクを割り当てます。そのタスク管理方法、またメンバーの管理方法についてレクチャーします。その後グループディスカッションを行います。 

・教訓作成
 プロジェクトが完了した後、次のプロジェクトにための情報資産を残すことが必要です。そこでどのように情報資産を残すのか等の方法について、レクチャーします。

4日目:アジャイル開発

  アジャイルとは
  チームに与える権限
  情報のやり取り方法
  振り返り
  ※いくつかのケースにて学習した後、グループディスカッションを行います。